Skip to content

東京住建の分譲住宅ジオ・ステージについての口コミ

住宅を建てるために必要なものは未来への展望です。どのようなライフプランを作っていくのか具体的に考えることで、その未来が現実に近づきます。そして、ライフプランが具体的なものになったら優秀な業者を選ぶようにしましょう。今回は東京住建の口コミを参考に、どのような業者が良いのか調べていきます。

■ジオ・ステージについて
東京住建のジオ・ステージは分譲住宅でありながらセミオーダーシステムによって顧客の要望を叶えるという特徴を持っています。そのため、限られた予算内でありながら納得のいく住環境を手に入れることが出来たという口コミがあがっているのです。注文住宅で施工実績を積み上げてきた東京住建だからこそ完成させることが出来た新しい形の分譲住宅がジオ・ステージなのです。

具体的に言えば、ジオ・ステージは基本設計図をベースとして、エクステリアや住宅設備といった生活する上で欠かせないポイントを顧客のセンスに合わせて決めていきます。また、明るさと空間の取り方にもこだわったジオ・ステージは伸びやかなリビングを中心に開放感のある空間作りを提供しているのです。そのため、毎日の生活にくつろぎをもたらすことが可能になっています。ローコストで好みの家を建てるのであれば是非とも知っておきたい存在です。

■通気性能について
ジオ・ステージの口コミの性能には通気性に触れているものがあります。これは基礎パッキン工法によるものです。基礎パッキン工法は建物の天敵である湿気を外に逃がすために作られています。床下と壁内部に空気の道を作り出すことによって湿気が滞留せず、常に動いているような状態を作り出すのです。さらに、基礎に穴を開けなくても設置が可能であるため建物の強度がしっかりと保たれます。

湿気は建物の材質を腐敗、または変質させる可能性があります。そのため、主要構造体が傷つき、最悪の場合損壊にまで導くのです。そうなってしまうと家を大幅なリフォームせざるを得なくなります。また、倒壊のリスクを抱えてしまうのです。そうならないためにも通気対策には気をつけて対応すべきでしょう。

■分譲住宅でありながら妥協のないつくり
セミオーダーシステムの分譲住宅という特徴を東京住建のジオ・ステージは持っています。注文住宅の施工実績を積み重ねてきたノウハウを生かして作る分譲住宅であるため、例えば、明るさや空間の作り方など、顧客の要望に沿ったものを作り出すことができるのです。さらに、こちらは住宅設備の置き場所なども決めることが出来ます。そのため生活しやすいという口コミがあるのです。

また、通気性能にも注目です。こちらは基礎パッキン工法を採用しています。空気の抜け道を作っておくことによって湿気が溜まらなくなるのです。さらに、基礎に穴を開けないので家の強度が下がりません。湿気は家の寿命を縮めるだけでなく、損壊などのリスクを高めてしまう因子であるため、このような対策は心強いという口コミも上がっています。